人生はクレッシェンド

「いい人生だった、ありがとう!」と言うために益々毎日頑張りたい。

MENU <

驚きの美味しさ!【さわらの卵】煮付けレシピで舌鼓♪

 

さわらの卵の煮つけ

 

「さわら」は「鰆」と書き、ここ関西では春が旬の魚です。

関東では脂の乗った寒鰆が好まれるようです。

 

縁起がいいとされる出世魚で、50cmくらいまでを「さごし」と呼び、それ以上のサイズを「さわら」と呼びます。

さわらは1m以上になるものもあるようです。

 

さわら

 

淡白でくせのない白身魚で、鮮度の良いものは刺身でも美味しいです。

塩焼き、照り焼き、西京焼き、煮つけ、蒸し物と多くのメニューを楽しめます。

 

珍しいさわらの卵(真子)が売られていたので、買ってきて煮付けるととても美味しかったです!

 

 

 

さわらの卵(真子)の煮つけ

下処理

酒を大さじ2ほどかけて、10分程おき臭みをとります。

You Tube を見ると、熱湯をかけて下処理をしている方もいらっしゃいますが、あまり臭みやぬめりがなく、気にならないので省略しました。

鰆の卵

なんと30cm以上ありました!

グロテスクで誰も買わないので、半額奉仕(280円)していました。

 

煮汁を作る

魚卵を煮る時は、煮魚を作る時と同じように準備し、微調整をします。

  • 水 80cc
  • 酒 80cc
  • しょうゆ 80cc
  • みりん 80cc
  • 砂糖 大さじ 1
  • しょうが  ひとかけ

 

2~3cmにカットして煮ると紹介しているレシピもありますが、どれくらいチリチリバラバラになるか予想できなかったので、二つにカットして煮込みました。

 

さわらの卵の煮つけ

 

さわらの卵を煮る

落し蓋をして、中火で煮詰める。

煮汁に漬かっていない部分にスプーンで煮汁をかけながら様子を見る。

 

さわらの真子

味が浸透するように竹串で皮に穴を開けておいたら、その部分から炸裂して味が浸み込んでくれました。

 

濃い目の味で、ご飯が進みます。

酒の肴にも絶品です。

 

煮汁でもう一品

煮魚の煮汁にはたっぷりの旨味が出ています。

さわらの卵の煮汁には、ほのかにさわらの味がします。

鍋に残った煮汁に少し水を足し薄めます。

豆腐を追加して煮込むととても美味しいです。

 

豆腐の煮物

さわらの卵の栄養価

  • ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなど抗酸化作用や免疫力向上に作用する。
  • 亜鉛、銅といった体調管理に不可欠なミネラルが豊富。
  •  注目のタンパク質が豊富。
  • EPAが豊富・・血圧、コレステロール、中性脂肪の低下。
  • DHAが豊富・・ガンの抑制、脳の発達、血液の改善、アレルギーの改善。

プリン体を意識して避ける方がいますが、毎日食べるわけじゃないし、珍味として少し食べる程度でしたら、豊かな食生活を楽しめると思います。

さいごに

今回、初めてさわらの真子を買いました。

お店で見るのは本当に珍しいです。

釣りをされる方は、釣った魚を自分でさばいて、たまたま卵をだいていたということがあるかと思います。

 

調べてみると、さわらの真子でカラスミができるらしいです。

自作のカラスミでパスタやリゾットを作ったら、さぞ美味しいでしょうね。

今度挑戦しようと思います!

 

魚の「真子」「白子」「肝」は本当に美味しいな~