人生はクレッシェンド

長女が双子を連れて出戻って来た!益々前向き、頑張る日々。

【PiKAL】ピカールが磨けるのは金属だけじゃなかった!その驚きのパワーとは。

 

金属磨きPikal

ピカール

 

 

金属磨きPiKAL(ピカール)

「ピカール」は乳化性液状金属磨きで、主に、ドアノブや自動車、バイクなどの金属部分を磨くのに使われます。

金属磨きとしては、古くから有名で、どこのホームセンターにも必ず置かれている定番商品です。

 「ピカール」は日本磨料工業株式会社が製造販売しています。
大正5年(1916年)に創業された老舗企業で、製品は国内生産にこだわっています。

コロナ禍で、海外製品の流通が今まで通りにいかなくなった昨今、貴重で骨太な企業だと思います。

 

研磨剤が入っていますが、微粒子のため、対象物の汚れを取り、傷付けるようなダメージを与えない優れものです。

 

購入者が磨いて感動した実例

購入者が使ってみた評価は、おしなべて高く、参考になる投稿が非常にたくさんありました。

  • キッチンのシンク
  • キッチンのシングルレバーの蛇口
  • バイクのエンジン回りのアルミ
  • 車のヘッドライトの黄ばみ(これが一番多く喜ばれています)
  • ドアノブの錆びやくすみ
  • ロレックスの時計バンド(傷だらけのロレックスがぴかぴかに!)

  •  ベンツのアルミモールの腐食

  • 黒くなった銀製品
  • 傷だらけのiPod touch 3G/4Gが」ピカピカに!
  • 仏壇のおりん
  • 金属製アクセサリー

 他にも多く実例と、感動の声が見受けらます。

 

私がピカールで磨いた驚きのもの

信じがたいことですが、ピカールでピアノがぴかぴかになりました。

以前、ピアノの調律に来ていただいた先生から、ピアノを磨くのに「ピカール」を使えばいいと教えていただきました。


一瞬、耳を疑いました。
金属磨きでピアノを磨いていいんですか?!
ピアノって木製ですよね・・

 

先生は、年配で経験豊富ですし、ピアノの売買もされていて、ご自身はピアニストでもあります。
そんな方がデタラメなことを言うわけないし・・

 

「ピカール」は収益住宅の金属部分を磨くのによく使うので、ストックがあります。
それで恐る恐るピアノを磨いてみました。

 

柔らかい布にピカールを少々付けて、特に汚れている部分を擦ってみました。布に汚れが移りました。その後、乾拭きするとぴかぴかになりました。

私が知らなかっただけで、意外と常識だったのかしら。。

ピアノ

 

ピカピカになった マイ・ギャラリー

そういえば、ステンドグラスの先生もステンドの曇りは、「ピカール」で磨くといいよ。と教えてくれていました。

 

ガラスを金属磨きで磨いていいのかな、と思いましたが、やってみると、半田部分もガラスも本当に綺麗になりました。以来、時々磨いていますが、最近はほったらかしになっていました。

 

コロナウイーク中、「一日一磨き」に励みました。

埃を被って輝きを失っていた作品の数々ですが、みるみる明るく蘇りました。

 

ステンドグラス(チェリー)

ステンドグラス(夕焼け)

ステンドグラス(レッド)

 

ステンドグラス(リップル)

ステンドグラス(フルーツ)

 

ステンドグラス(バラ)

 

ステンドグラス(アルハンブラ)

 

 

ステンドグラス(ドラゴンフライ)

ステンドグラス(パッチワーク)



ステンドグラス(クレマティス)

 

ステンドグラス(

 

ステンドグラス(



ステンドグラス(チューリップ)


 

さいごに

 
古くから長く販売されていて、消費者から支持されている商品は、企業の確たる経営姿勢が映し出されていますし、何よりも信頼される品質を保ち続けているからだと思います。


化粧品や食品でも、おばあちゃんの時代から、ずっと根強い人気の商品は、本当に安心して使えます。

 

安くて優れた威力を発揮してくれる「ピカール」は、是非「一家に一個」ですね。

 

www.crescendo-life.com