人生はクレッシェンド

長女が双子を連れて出戻って来た!益々前向き、頑張る日々。

MENU

【助成金】に救われた入居者の場合。WinWinな関係でみんなハッピーに。

不動産に携わっていると、色んな人生模様を垣間見ることができます。

 

一緒に収益物件探しをしている仲間Aさんに相談を受け、現地に駆けつけました。

 

高齢のご夫婦、商売が上手くいかず、持ち家を手放すことになったようです。

売却したお金で債務を支払い、どこかに借家を探し、生活保護を受けて暮らすとのことでした。

持ち家があると生活保護が受けられません。

まさに老後破産とでも言うのでしょうか、たいへんお気の毒なことです。

 

でも、引越しにもお金がかかりますし、長年住み慣れ、思い出が詰まった家を

手放し離れるのは、身を引き裂かれる思いでしょう。

借家探しも老夫婦には大きな労力が必要です。

 

そこで、提案したのは、そのまま住み慣れた家に住み続けもらい、

家賃をいただくというのはどうでしょう。

生活保護を受けるなら、政府がきちんと住宅費として援助してくれます。

仲間のAさんは、思いつかなかった名案に膝を打ちました。

 

即決、仲間Aさんがその家を購入、そしてそのまま老夫婦に住み続けてもらうことで

一件落着いたしました。

仲間Aさんは、費用のかかるリフォームや面倒な客付けをしなくて済むので

タナボタのような話になりました。

 

商売の基本は、三方良し。

近江商人の考えで、皆が利益を得ることができるような

ビジネスを目指すということの見本のような取引でした。

 

この場合の三方は、老夫婦・仲間Aさん・不動産屋 

不動産取引の下には、社員の報酬、司法書士報酬、取得税(公金)

諸々のぶら下がりがあり、経済効果にも貢献しているのです。

 

老夫婦には、今までと極端に変わらぬ穏やかな暮らしを続けていただきたいと

願うばかりです。

 

Aさんは、何年も経った今でも、一番利回りのいい物件になっていますと、私にお礼を言ってくれます。